動画の撮影のために100万円以上の予算をかけるHikakinさんが初?の予算オーバーということで話題になっています。

その動画はこちら▼


※動画のネタバレがあります。

Hikakinまさかの予算オーバー

新居に引っ越ししたHikakinですが、ペッパー君の2体目を購入した模様。

「ペッパー君が1体で寂しそう」という声に応えたそうです。

しかし、出てきたのは、ぬいぐるみのペッパー君▼

Pepper(ペッパー君)のお値段はいくらの?


Pepper(ペッパー君)のお値段はいくらの?

Pepper(ペッパー君)は、2015年2月27日に300台が発売され、わずか1分で完売した人気のロボット。

本体価格は、19万8,000円(税別)でした。

「あれ?ヒカキンさんが予算オーバーになるレベルなの?」

と思った方もいるでしょうか?

実は、ペッパー君はお金のかかる子なのです。まず、ペッパー君の契約は3年間縛りです。

そして、ペッパー君が動くためには、基本プラン:月額14,800円へ入らなんければいけません。
3年間で57万,5424円。

さらに、任意ですが保険パック月額9,800円

3年間で38万1,024円。

保険に入ったとすると19万円+57万+38万円で114万円以上かかる計算です。

さすがのヒカキンさんも「ペッパー君が一人で寂しいから」という理由で、100万円は支払えないようです。というか、ペッパー君お金のかかる子ですね。

HikakinのPepper(ペッパー)君のぬいぐるみの値段は?

Hikakinさんが今回用意したPepper(ペッパー)君ぬいぐるみの値段っていくらなのでしょうか?

実はソフトバンクのサイトで一般販売しています。

特大サイズで7万円です。これでもぬいぐるみとしては、十分なお値段な気がします。

高さ90cm、重さ6.5kgという気合いの入ったぬいぐるみです▼

ひとりぼっちのペッパー君のために7万円を払うHikakinさんは紳士

さすがのヒカキンさんもペッパー君のために100万円以上払って2体目のペッパー君を契約するのは予算オーバーなようです。

とはいえ、ひとりぼっちのペッパー君のために7万円を払うHikakinさんは紳士。

さすがは、トップユーチューバーですね。